高血圧や不整脈などに用いられるβ遮断薬「テノーミン」が厚生労働省が発表した2018年に個人輸入規制される成分リストの対象になりました。

テノーミンの有効成分はアテノロールで、成分は違いますが同じく高血圧や不整脈などに用いられるβ遮断薬「インデラル」も個人輸入規制リストの対象になっています。

規制リスト
・ピラセタム
・レベチラセタム
・アトモキセチン
・シチコリン
・ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩
・ニセルゴリン
・アニラセタム
・エチラセタム
・ネフィラセタム
・オキシラセタム
・プラミラセタム
・イデベノン
・ニモジピン
・ビンポセチン
プロプラノロール塩酸塩(インデラル)
アテノロール(テノーミン)
・ブロモクリプチンメシル酸塩
・フロセミド
・チアネプチン
・ソマトロピン(遺伝子組み換え)
・デスモプレシン酢酸塩水和物
・タンニン酸バソプレシン
・アドラフィニル
・ナドロール
・プロカイン塩酸塩(外用剤を除く)
・デヒドロエピアンドロステロン
・プレグネノロン

テノーミンが個人輸入規制対象に。代替品は?

テノーミンを個人輸入している方は高血圧の薬としてではなく、あがり症の薬として使用している方が多いと思います。

テノーミンやインデラルのようなβ遮断薬と言われるお薬は、心臓の心拍数を下げて血圧を下げる為、あがり症の薬として処方される場合があります。

インデラルもテノーミンもどちらも同じβ遮断薬ですが、有効成分が違う為効果にも違いがあるようです。

インデラルは服用後1時間ほどで効果が現れ、3~4時間ほど持続します。

一方のテノーミンは、服用後2~3時間ほどで効果が現れ、24時間持続します。

インデラルは即効性タイプ、テノーミンは緩やかに長時間持続するタイプということでどちらにも一長一短があるようです。

これら2種類の薬が個人輸入規制対象となり、あがり症のお薬として使用していた方は不安を感じているのではないでしょうか?

そこで、インデラルやテノーミンの代替品として考えられる唯一今のところ規制対象となっていないのが、メインテートというお薬です。

メインテートの有効成分はビソプロロールで、同じく高血圧や不整脈に用いられるβ遮断薬です。

1日1回の服用で効果が24時間持続するということで、効果はテノーミンに近いのかなという印象です。

口コミでもメインテートをあがり症の薬として使用している方も少数ですがいるようです。

あがり症のお薬の代替品となると考えられるのはこれですね。

⇒メインテートの口コミと詳細はこちら

※お薬の個人輸入は自己責任になりますので慎重に行いましょう。